JDTS 一般社団法人 日本災害対策システムズ

熊本地震

 

当法人の会員会社が携わった熊本震災の災害廃棄物処理の取り組み

 

1.当法人の構成メンバーにより熊本市の災害廃棄物を広域処理しました。

 

期  間:平成28年6月16日~平成29年1月16日

 

搬出場所:熊本市が設置した戸島仮置場

 

状  況:熊本地震に際し、熊本市が設けた災害廃棄物仮置場(戸島仮置場)では、家屋解体廃棄物

     の受入開始前に発災直後から受入れた廃棄物を一旦撤去する必要があり、県内処理では

     予定期日までの撤去が困難な状況でした。そこで、特殊コンテナ(ハードトップコンテナ)

     に災害廃棄物を積込み、船舶にて熊本港から大阪港まで運搬(担当:井本商運)し、大栄環

     境グループの三重県内の施設(担当:三重中央開発)で処理しました。

 

契  約:熊本市より三重中央開発が受託。船舶運搬は、三重中央開発から井本商運に再委託

 

処  理  量:38,696t(うち直接埋立物11,191t、直接埋立物以外の27,505tに対する

                リサイクル率は86.2%)

 

image1  image2

 

2.災害廃棄物二次仮置場を熊本県内5社と一緒に運営管理しました。

 

熊本震災では益城町、西原村、南阿蘇村、甲佐町、宇土市、嘉島町、御船町の7市町村が、災害廃棄物処理を熊本県に事務委託しました。これを受けて熊本県は災害廃棄物二次仮置場を熊本空港に近くに開設し、その運営管理を熊本県災害廃棄物処理連合体に委託しました。当法人の会員会社は、熊本県内の廃棄物処理業者とともにこの連合体に参画しました。

 

熊本県災害廃棄物処理業連合体(構成員12社)
代表企業:有価物回収協業組合石坂グループ
構成会社:オー・エス収集センター、九州産廃、星山商店、前田産業(以上、熊本県内企業)
ダイセキ環境ソリューション、大栄環境、三重中央開発、エコシステムジャパン、
仙台環境開発、富山環境整備、井本商運(以上、(一社)日本災害対応システムズ構成員)

受託内容:二次仮置場に破砕・選別施設を設け処理先のニーズに合うように災害廃棄物を加工し

搬出しました。平成30年2月23日に災害廃棄物の搬出を終え、その後施設を解体し業務を完了しました。

受託期間:平成28年8月24日~平成30年8月31日

 

image3  image4

処理量

木くず 72,168t
コンクリートガラ 15,127t
廃瓦 28,699t
混合廃棄物 103,514t
合計 219,508t

 

関東東北豪雨災害

関東・東北豪雨災害(常総市・小山市)での取組み

平成27年9月関東・東北豪雨 災害廃棄物処理業務

廃棄物処理:大栄環境

海上輸送:井本商運

期間:平成28年1月20日から平成28年9月30日 まで

下妻仮置場(2ヶ所)からの搬出 ⇒ 平成28年1月27日から3月末まで

常総仮置場(4ヶ所)からの搬出 ⇒ 平成28年2月3日から4月末まで

運搬経路

運搬経路
運搬経路

処理・処分の流れ

仮置き場の積み込み
海上輸送(内航船なとり)
内航船なとりより積み下ろし
資源化・中間処理・最終処分

紀伊半島水害

紀伊半島水害での取り組み

平成23年台風12号 災害廃棄物 海上輸送実績

廃棄物処理:大栄環境

海上輸送:井本商運

期間:平成23年9月〜平成24年5月

処理量:全体処理量 約48千t 内海上輸送 約20千t

運搬経路

運搬経路
密閉型コンテナ

処理・処分の流れ

海コン 積込
海上輸送
ガントリークレーン
トレーラー陸送
海コン ダンプ荷降

東日本大震災

東日本大震災での取り組み

仙台環境開発

震災直後より仙台市の片付ごみ仮置場の運営に関与:搬出量 42千t
震災直後より仙台市の片付ごみ仮置場の運営に関与:搬出量 42千t

 
地元企業(㈱サイコー、㈱ライフ)と共同企業体を組織し、
仙台市の災害廃棄物搬入場の運営管理を受託
選別・粉砕 1,180千t(内 津波堆積土砂 584千t)最終処分235千t

仙台市井土搬入場処理フロー
  • 津波堆積土砂選別

 

宮城県内の廃棄物関連会社24社で共同企業体を組織し、宮城県石巻ブロック、亘理ブロック、南三陸ブロックの災害廃棄物処理に協力企業として参画。

 

宮城県内外の廃棄物関連会社31社で共同企業体を組織し、宮城県石巻ブロック、山元ブロック、女川町の災害廃棄物運搬に協力企業として参画。

ダイセキ環境ソリューション

仙台市土砂混合廃棄物選別業務124千t(仙台環境開発共同事業)

選別業務フロー

タケエイ

担当地区 処理量 備考
千葉県旭市 80千t 千葉県産業廃棄物協会の協会員として協力(協会全体の取扱い量)
岩手県釜石市 48千t 産業振興・鹿島・タケエイ特定建設JVに参画して受託(環境省の試行事業)
岩手県大槌町 474千t 竹中土木・タケエイ・松村建設・八幡組JVに参画し受託
宮城県亘理町 373千t 大林組JVの協力会社として参画 (選別・破砕業務担当)
福島県楢葉町 22千m3 大林組の協力会社として参画 (選別・保管業務担当)
東京都
(岩手県宮古市、釜石市、陸前高田市、宮城県石巻市の広域処理)
56千t 東京都が広域受入したものを(財)東京都環境整備公社から受託
  • 宮城県亘理町 災害廃棄物処理
  • 岩手県大槌町 災害廃棄物処理

DOWAエコシステム

担当地区 処理量 備考
宮城県気仙沼市 118千t 気仙沼市より選別業務を受託
宮城県気仙沼市 34千t 大成建設JVの協力会社として参画(焼却処理業務担当)
宮城県南三陸町 90千t 清水建設JVの協力会社として参画(焼却処理業務担当)
宮城県岩沼市 14千t 安藤、間JVの協力会社として参画(広域処理業務担当:木くず、不燃物)
岩手(宮古、釜石他)~東京都他 47千t JR貨物と連携して運搬の実施、その他複数のJVに参画
  • 気仙沼市選別業務 - 手選別
  • 気仙沼市選別業務 - 機械選別
  • 気仙沼市焼却処理業務

井本商運(海上輸送)

輸送区間 運搬量 備考
宮城県石巻市~福岡県北九州市 23千t 鹿島建設JVの協力会社として参画
岩手県宮古市~大阪市 15千t 大栄・井本・辰巳JVに参画して受託
  • 井本商運(海上輸送)

JFE環境㈱

福島再生PJ減容化処理施設 ~ 震災・津波・家屋解体・除染等廃棄物処理 ~

運搬された上記廃棄物の受入・一次保管・破砕業務をJFEエンジニアリング(株)より受託。

伊達・南相馬(Ⅰ期・Ⅱ期)・葛尾・楢葉・の5事業所で運営中。(2017/1/20)

福島ため池放射性物質対策 ~ 底質除去 ~

阪神淡路大震災

阪神大震災での取り組み

大栄環境(JVや協力会社として参画したものを含む)

神戸市 処理量:1,930千t神戸市 処理量:1,930千t

西宮市 処理量:750千t西宮市 処理量:750千t

芦屋市 処理量:360千t芦屋市 処理量:360千t

©2016 Japan Disaster Treatment Systems